簡単に捨ててはいけない

地球環境を守るためにできること

資源がなくなる危険性

ゴミだと思っているものでも、まだ再利用できるかもしれません。
分別して捨てることで、リサイクルできる施設に運ばれます。
そこで新しい製品に生まれ変わるので、資源を守れます。
森林や石油など、今の地球にはたくさんの資源があります。
それらは限りがあるので、無駄に使っているとすぐになくなってしまうでしょう。

ですから地球で暮らす1人1人が、リサイクル活動を意識しなければいけません。
今まで真面目に、リサイクルしていなかった人がいると思います。
これからは心を入れ替えて、積極的に分別してください。
本当に資源がなくなってからリサイクル活動を心がけても、手遅れになります。
そうならないよう、今からリサイクル活動に励みましょう。

もしも資源がなくなったら

紙を作る時に必要な資源は、木です。
たくさん紙を作ろうといて森林を破壊すると、生き物が暮らせなくなってしまいます。
多くの生き物が絶滅するでしょうし、人間も例外ではありません。
地球上で暮らす生き物全てのため、ゴミを捨てる時は分別することが重要です。
自分の出したいゴミが、どの種類に該当するのかわからない人も見られます。

事前に調べればすぐにわかるので、適当な日にゴミを出さないでください。
間違った日にゴミを出しても、回収してもらえません。
ずっとそこに残ってしまいます。
特に引っ越したばかりの場合は回収する場所や、日にちがわからないと思います。
前に住んでいたところとは異なるかもしれないので、必ず確認しましょう。